>> page > カードローン&クレジットカードのまとめ || サイトホーム

目次

法改正とクレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査は法律の影響を受けています。アルバイトやパート勤務の人でも一定の基準さえクリアーしていれば、審査に通りクレジットカードを持てる時代はまもなく終わるかも知れません。

各クレジット会社の審査が現在より厳しくなる事が予想されているからです。持ち合わせがなくてもクレジットカードさえもっていれば商品の購入ができるわけですが、そのために、お金を払ったという認識に乏しいままにカードでどんどん買い物をしてしまうという人が少なくありません。

クレジットカードの使用が頻繁になって、ついつい借金が膨らんでしまうなどの懸念が少なからずあります。クレジットカードの使いすぎで返済が困難となり、返済をするために他のクレジットカードを作ることを繰り返し自己破産に陥るケースも年々増えています。

法改正によって、近年社会問題化している多重債務者の問題に予防策を講じたいという動きがあることは無理もありません。18%以上の金利条件での返済を2007年以降からも続けていたという方は、グレーゾーン分を計算しなおしたところ完済していたといえるという状況も発生しているといわれています。

クレジットカード会社やキャッシング会社に過払い請求をすることで、返しすぎたお金の返済を求める人もいるほどです。今回行われる法改正によって、年収の3分の1を総量規制にするという融資の方針も出されるという話もあります。

実際に現在所有しているクレジットカードも法改正による再審査などで使用できなくなるケースも出てくると予想されます。

クレジットカードに関する環境は日々変わっています。以前の知識があったとしても、これからクレジットカードを作るという時は審査事項などについて調べ直してみましょう。

このページに関連するお奨めのサイト 属性のスコアリング | @クレジットカード審査ガイド

(c)カードローン&クレジットカードのまとめ